DAO

DAOとは、Decentralized Autonomous Organizationの略で、日本語では「分散型自律組織」と呼ばれます。DAOは、ブロックチェーン上に経営の意思決定を委ねた新しい組織形態で、特定の管理者なしに組織を運営することができます。DAOは透明性と公平性に富んだ組織とされており、近年大きな注目を集めています。



DAOの事例は多数ありますが、代表的なものとしては以下のようなものが挙げられます。

・ビットコイン:最も完成されたDAOと呼ばれており、ブロックチェーン上で分散的に通貨を発行・管理しています。
・NounsDAO:ジェネラティブNFTプロジェクトで、毎日1つのNFTをオークションにかけて売却し、その収益をDAOのメンバーで共有しています1。
・MakerDAO:安定した価値を持つ仮想通貨DAIを発行するプロジェクトで、DAIの供給量や利率などをDAOのメンバーが投票で決めています。
他にも様々な分野でDAOが活用されており、web3時代の新しい組織形態として注目されています。


ビットコインは、ブロックチェーン上で複数の参加者によって管理・運営されているため、DAOであると判断することができます。

ビットコインには中央集権的な管理者はおらず、開発当初に作成されたプログラムコードにしたがってネットワークが運営されています。

取引はネットワークの参加者によって記録されており、決められたルールに従って通貨が発行・流通しています。ビットコインは、世界でも初めて成功した完全な形で分散しながら運営されているDAOとされています。


DAOに参加する方法

DAOに参加する方法は、主に2つあります。

1つ目は、DAOで用いられるネイティブトークンを購入することです。トークンを持つことで、DAOの一員として投票権や利益分配などの権利を得ることができます。

2つ目は、DAOのDiscordチャンネルに入会することです。Discordチャンネルでは、DAOのメンバーや活動に関する情報交換や議論が行われており、参加費用もかかりません。ただし、Discordチャンネルに入会してもトークンを持っていなければ、投票権や利益分配などの権利は得られません。


DAOのネイティブトークンはどこで購入できますか?

DAOのネイティブトークンは、主に2つの方法で購入できます。

1つ目は、仮想通貨取引所でトークンを購入することです。ただし、DAOのトークンはまだ多くの取引所で扱われていないため、利用できる取引所を確認する必要があります。

2つ目は、DAOのメンバーからトークンを購入することです。これには、DAOのDiscordチャンネルに参加してメンバーと交渉する必要があります。


どんな仮想通貨取引所でDAOのトークンが扱われていますか?

DAOのトークンが扱われている仮想通貨取引所は、DAOの種類によって異なります。

一般的には、海外の取引所で多くのDAOのトークンが購入できますが、日本ではまだ少ないです。例えば、Bybit (バイビット) というシンガポールの取引所では、DAO関連の仮想通貨銘柄を多数扱っています。

また、CoinMarketCapというサイトでは、時価総額別に上位のDAOトークンを確認できます。そこから各トークンの詳細ページに行くと、どの取引所で購入できるかを見ることができます。


Bybit (バイビット) は日本人でも利用できますか?

Bybit (バイビット) は、現在は日本人でも利用できますが、金融庁から無登録で暗号資産交換業を行う者として警告を受けています。また、イギリスでは規制により撤退することになりました。したがって、Bybit (バイビット) を利用する際には、自己責任で注意する必要があります。

https://www.bybit.com/sign-up?affiliate_id=26718&group_id=0&group_type=1

CoinMarketCapとは

CoinMarketCapとは、仮想通貨の価格や時価総額、取引量などの情報を提供する世界最大級の仮想通貨分析サイトです。CoinMarketCapでは、1000以上の仮想通貨やトークンの情報を見ることができます。また、アプリやAPIも提供しています。

時価総額別上位DAOトークン | CoinMarketCap



MetaMaskはイーサリアム上のサービスを利用する際の必須のツール

MetaMask Learn | Course Overview Page
The Web3 101 Course

MetaMask(メタマスク)とは?メリットや始め方・使い方を徹底解説 | Market α(マーケットアルファ) (caica.jp)

MetaMaskとは、イーサリアムブロックチェーンに対応した仮想通貨ウォレットです。仮想通貨の送受信や管理ができるだけでなく、イーサリアム基盤上のNFTの保管にも使用されています。

最近では、NFTゲームやDeFiなど、イーサリアム上のサービスが増えており、これらのプラットフォームを利用する際にMetaMaskを接続して使用するため、需要が拡大しています。

つまり、MetaMaskはイーサリアム上のサービスを利用する際の必須のツールと言えます。MetaMaskを使うことで、ブラウザやスマホから簡単にイーサリアム系の仮想通貨やNFTを操作できるようになります。


MetaMaskはどこでダウンロード

【PC版】MetaMaskのインストール方法・手順を解説【5分で完了】 | メタモ (mtmo.jp)

MetaMaskは、Webブラウザの拡張機能としてもスマホアプリとしてもダウンロードできます。

Webブラウザの場合は、MetaMaskの公式サイトにアクセスして、ChromeやFirefoxなどの対応ブラウザを選択してインストールします。公式サイト以外からダウンロードしないように注意してください。

スマホアプリの場合は、App Store(iPhone)やGoogle Play(Android)から、MetaMaskのスマホアプリをダウンロードします。

ダウンロードしたら、アカウントを作成したり、既存のアカウントを復元したりすることができます。

Download MetaMask | Blockchain wallet app and browser extension



OpenSea

OpenSea、最大の NFT マーケットプレイス
OpenSea は、NFT と暗号コレクティブル向けの世界初・最大の Web3 マーケットプレイスです。今すぐ OpenSea で NFT を閲覧、作成、購入、販売し、オークションにかけましょう。

OpenSeaとは、NFT(非代替可能トークン、Non Fungible Token(ノンファンジブルトークン))を取り扱う世界最大のマーケットプレイスです。

NFTとは、ブロックチェーン上に存在する唯一無二のデジタルアセットのことで、アートやゲームなど様々な分野で活用されています。

OpenSeaでは、3400万点以上のNFTを購入したり、自分で作成したり、出品したりすることができます。OpenSeaはイーサリアムチェーンだけでなく、他のチェーンにも対応しており、手数料やガス代を節約することもできます。

OpenSeaの特徴について詳しくお伝えします。

  • OpenSeaは、暗号資産(仮想通貨)によるサービスのアイテムをトレードできるという点が特徴です¹。例えば、ゲーム内のキャラクターやアイテム、ドメイン名やスポーツカードなどを購入したり売却したりすることができます。
  • OpenSeaは、他のNFTマーケットプレイスに比べて販売手数料が安い点も特徴です²。販売者はOpenSeaに0.5%の手数料を支払うだけで、購入者は手数料がかかりません。また、ガス代(取引に必要な手数料)も最小限に抑えられます。
  • OpenSeaは、誰でも審査なしにNFTを出品できる点も大きな特徴です³。自分で作成したNFTや他のサービスから持ち込んだNFTを自由に販売することが可能です。出品方法も簡単で、ウェブサイトから直接行うことができます。
  • OpenSeaは、様々なチェーンのNFTを取り扱っている点も特徴です⁴。イーサリアムチェーンだけでなく、PolygonやFlowなど他のチェーンのNFTも購入したり出品したりすることができます。これにより、より多様なNFTを見つけることができます。


OpenSeaでNFTを購入する方法

OpenSeaでNFTを購入する方法は以下の通りです。

  1. OpenSeaのウェブサイトにアクセスし、右上のプロフィールアイコンをクリックして、MetaMaskなどのウォレットと接続します。
  2. 購入したいNFTの商品ページに移動し、「BUY NOW」ボタンをクリックします。
  3. 購入するNFTと支払い方法を確認し、「CHECKOUT」ボタンをクリックします。
  4. ウォレットから「Unlock currency」ボタンを押して、OpenSeaに対して購入許可を与えます。
  5. ウォレットから「署名・サイン」ボタンを押して、取引内容に同意します。
  6. トランザクションが完了するまで待ちます。完了したら、購入したNFTはあなたのウォレットに送られます。


OpenSeaでNFTを作成する方法

OpenSeaでNFTを作成する方法は以下の通りです。

  1. OpenSeaのウェブサイトにアクセスし、右上のプロフィールアイコンをクリックして、MetaMaskなどのウォレットと接続します。
  2. プロフィールアイコンから「作成」を選択し、NFTコレクションを作成します。コレクション名やロゴ、説明などを入力します。
  3. コレクションページから「新規アイテム」を選択し、NFTとして登録したい画像や動画などのファイルをアップロードします。タイトルや説明、特性なども設定できます。
  4. 「作成」ボタンを押して、ウォレットから「署名・サイン」ボタンを押して、NFTの作成に同意します。
  5. トランザクションが完了するまで待ちます。完了したら、あなたが作成したNFTはOpenSeaに表示されます。

OpenSeaに登録する方法

OpenSeaに登録する方法についてお教えします。

まず、OpenSeaを利用するには、MetaMaskというウォレット(暗号資産を管理するアプリ)が必要です。MetaMaskはブラウザの拡張機能としてインストールできます。MetaMaskの入手方法は以下の通りです。

  • MetaMaskの公式サイトにアクセスし、「Download」をクリックします。
  • インストールしたいブラウザを選択し、「Install MetaMask for …」をクリックします。
  • ブラウザの指示に従って、MetaMaskをインストールします。
  • MetaMaskのアイコンをクリックし、「Get Started」をクリックします。
  • 「Create a Wallet」または「Import Wallet」を選択し、パスワードやシークレットフレーズなどの設定を行います。

次に、OpenSeaに登録するためには、イーサリアムという暗号資産(仮想通貨)が必要です³⁴。イーサリアムは、取引所やATMなどで購入できます。イーサリアムの入手方法は以下の通りです。

  • 取引所やATMなどでイーサリアムを購入します。国内最大手の取引所であるbitFlyer⁴ がおすすめです。
  • 購入したイーサリアムをMetaMaskのウォレットに送金します。送金方法は取引所やATMによって異なりますが、基本的にはMetaMaskの「Account 1」などと書かれた部分をクリックして表示されるアドレス(0xから始まる文字列)をコピーし、送金先として指定します。

最後に、OpenSeaに登録する方法は以下の通りです。

  • OpenSeaの公式サイトにアクセスし、「作成」または「ログイン」をクリックします。
  • MetaMaskが起動し、「Connect with MetaMask」と表示されます。「Next」→「Connect」と順番にクリックして、OpenSeaとMetaMaskを連携させます。
  • OpenSeaとMetaMaskが連携されたら、「作成」または「ログイン」が完了します。自分のプロフィールやコレクションなどを編集することができます。

Discordとは
Discord | 会話や交流が楽しめるプラットフォーム

Discordとは、アメリカで開発されたボイス・ビデオ・テキストコミュニケーションサービスです。音声とテキストの両方によるユーザー間でのコミュニケーションが可能で、1対1だけでなく大人数でのやりとりにも対応しています。

Discordは、主にゲーマーが利用するチャットアプリとして知られていますが、趣味や仕事など様々な目的で使われています。Discordでは、自分の好きなトピックやコミュニティに参加したり、自分でサーバーを作成して仲間を招待したりすることができます。

Discordは、Webブラウザやスマホアプリ、PCアプリなど様々なデバイスから利用できます。また、無料で使える上に高品質な音声や画像を提供していることも魅力です。


Discordの登録方法

Discordの登録方法は、以下の通りです。

  • 招待を受けた場合
  • 招待されたURLにアクセスし、「登録」をクリックする
  • メールアドレス、ユーザー名、パスワード、生年月日を入力し「はい」をクリックする
  • サーバーを作る場合
  • Discordの公式サイトにアクセスする
  • 「Discordブラウザで開く」をクリックする
  • ユーザー名を入力する
  • 「私は人間です」にチェックを入れる
  • メールアドレスとパスワードを入力し「続ける」をクリックする

登録したら、メールアドレスの認証も行ってください。これでDiscordの利用が可能になります。


Discordの使い方

Discordの使い方は、大きく分けて以下の6つのステップになります。

  • Discordをダウンロードする
  • Discordの公式サイトから、自分のデバイスに合ったアプリをダウンロードします。
  • アカウントを作成する
  • メールアドレス、ユーザー名、パスワード、生年月日を入力してアカウントを作成します。
  • メール認証をする
  • 登録したメールアドレスに届いたメールから、認証リンクをクリックして認証を完了します。
  • 音声・ビデオを設定する
  • Discordの設定画面から、音声とビデオの入出力デバイスや音量などを調整します。
  • フレンド申請をする
  • 友達と話したい場合は、フレンドタブから友達のユーザー名とタグ(#で始まる4桁の数字)を入力してフレンド申請を送ります。相手が承認すればフレンドになれます。
  • サーバーに参加する
  • サーバーとは、Discord上でコミュニティやグループチャットが行われる場所です。サーバーに参加するには、招待リンクや招待コードが必要です。自分でサーバーを作ることもできます。

これらのステップでDiscordの基本的な使い方ができるようになります。


Discordで友達と話す方法

Discord 初心者ガイド – Discord

Discordで友達と話す方法は、主に以下の2つがあります。

  • グループ通話をする
  • フレンドリストから、話したい友達を選んで右クリックし、「グループDMを開始」をクリックします。
  • グループDMの画面で、左上の「ボイスチャンネルに参加」をクリックします¹。
  • 参加したら、マイクアイコンやヘッドフォンアイコンで音声のミュートやスピーカーの切り替えができます。
  • 終了するときは、電話切断アイコンをクリックします²。
  • サーバーのボイスチャンネルに参加する
  • 友達と同じサーバーに参加している場合は、サーバー内のボイスチャンネルに入ることで話すことができます。
  • ボイスチャンネルは、サーバー内の左側にある音声アイコン付きの部屋です。クリックすると参加できます。
  • 参加したら、下部メニューにあるマイクアイコンやヘッドフォンアイコンで音声のミュートやスピーカーの切り替えができます。
  • 終了するときは、電話切断アイコンをタップします。

これらの方法でDiscordで友達と話すことができます。